ただでさえすごいプロポリスの効能!もっと高める飲み方って?

ただでさえすごいプロポリスの効能!もっと高める飲み方って?

液体プロポリスの飲み方

濃縮した液体のプロポリスは、主に海外製品が多いようです。
スポイト状の蓋が付けられており、数的用途に合わせて使えるようになっています。
液体タイプだと口の中に直接入れたり、水や飲み物に溶かして摂る方法もあります。うがい薬代わりに、皮膚に少量垂らしてなどの使用方法もできます。

 

プロポリスはそのままの形だと樹脂みたいに固く飲むことができません。

それをアルコールなどでじっくりと時間をかけて抽出したものが液体タイプです。この液体タイプのプロポリスを飲む場合は、水に数滴入れても飲むことができます。量はそれ程多く無いため味が気にならない人が多いようです。もし飲みにくいと感じられるなら、ジュースやスムージーに混ぜたり、ヨーグルトに数滴かけて食べてもOKです。

 

飲み物はできるだけプロポリスの成分を壊さないタイプが良いため、
100%フルーツジュースなどが良いでしょう。

また、自然のままの成分を壊さず摂取するためには温度にも注意してみましょう。

 

熱い飲み物よりも冷たいものや常温の飲み物のほうが適しています。更に変質を少なくするなら水に数滴入れて飲みましょう。少量の水に入れるとうがい薬としても使うことができます。

プロポリス粉末の飲み方

一度抽出したものを粉末状にした商品が売られています。
薬のように服用することができて、そのまま口に入れて水で流し込みたい方に便利です。液体タイプより様々な飲み方にも対応できます。液体状のプロポリスだと苦い味が苦手という人も多くなっています。抽出したそのままの形のため味が強くなりやすいのです。その一方で粉末状は加工方法を工夫していれば、苦味が無く飲みやすい商品もあります。スプーンでそのまま口に運んでも飲むことができます。

 

また、粉末状だと液体タイプより長期間保存しやすいメリットもあります。家族でたくさん利用する方、大容量を購入し長持ちさせたい方にも便利です。

 

ただし、粉末状のものを選ぶ場合は高温の熱で加工していないことが選ぶ第一条件です。プロポリスの成分は熱に弱く、加熱殺菌してある商品だと成分が多少変わってしまいます。更にプロポリス100%で無添加の商品を選ぶと、プロポリスそのものの栄養成分を摂ることができます。

 

粉末タイプも飲み方は基本的に一緒です。
水やジュースに混ぜても大丈夫です。
ヨーグルトのトッピングとしても便利ではないでしょうか。
ハチミツとの相性もよく、飲み物に甘味を加える飲み方もあります。

効果的なプロポリスの飲み方

プロポリスは日本では健康食品の位置づけとなっているため、いつ飲んでも構いません。飲む時間帯、飲む回数などは特に定められていません。

 

しかし、健康食品の場合では毎日続けることが重要です。朝起きたらコップ1杯の水を飲むという方は、それに数滴プラスしても良いでしょう。昼間は仕事に行くためなかなか利用できないという方も多いと思います。朝や寝る前のほうが忘れずに済みます。何か飲み物を飲むタイミングに組み合せると忘れず毎日活用することができます。

 

更に効果を高めたいと感じる場合は、推薦量より少し多めに服用しましょう。健康食品のため多めに摂取しても副作用は出にくくなっています。例えば手術後、出産後など体力が低下する場合なども良いでしょう。風邪のひきはじめには少し量を多めにしながら、うがい薬として利用したり、喉に塗って殺菌力を利用したりもできます。液体のものをスプレー容器に入れておくと、毎日のお口の健康を守ることにつながったり、風邪の際にサッと喉に吹きかけることができます。

 

プロポリスは体調に合わせて量を調節してみましょう。病気の予防や治療効果を高める方法として利用するなら、少し量を多めにしても構いません。

 

プロポリスを飲む量の目安について

プロポリスは薬ではなく健康食品のため、毎日続けることが重要です。規定量を毎日飲むほうが効果が高まります。病気の場合で免疫力を高めたい場合は、1回に飲む量を多くするのではなく、回数を多くしましょう。そのほうが体への作用が長時間になりやすく、病気の治療に使う薬の副作用を減らす効果も期待できます。がん治療と合わせて服用される方も多くいますから、その場合は回数を増やすようにしましょう。

  • 幼児 2滴くらい
  • 子ども 10滴くらい
  • 大人 15滴〜20滴

プロポリスはミツバチが作る成分のため1歳未満の服用は避けるようにしましょう。
幼児の場合は1歳から服用することができます。飲む量は体の大きさにより調節します。小さい体の子どもは少なめ、ある程度からだが大きくなった子どもは大人に近い量など調節してみてください。多少多めに飲んでも副作用は出にくくなっていますが、一度に多量に飲んでもあまり意味がありません。不要な分は体から排泄されるため一度に多く飲んだからといって効果が高まるわけではありません。

 

健康な方で美肌対策やアンチエイジング目的などでは規定量を、病気の治癒力を高めたい方は量を調節することをおすすめします。

病気別によるプロポリスの飲み方

病気の治療目的のためや、免疫力をアップさせて治癒力を高めたい方は飲み方を少し変えましょう。美容やアンチエイジング目的とは少し摂取の仕方が変わります。

 

 健康目的の方
健康維持や美容目的なら1日2回〜3回で良いでしょう。日中は飲みにくいなら、朝と夜と2回が利用しやすくなっています。量は10滴〜20滴くらいです。

 

 病院にかかるほどでは無い方
軽い体調不良などで免疫力を高めたいなら量を少し増やしたり、飲む回数を増やすと健康効果が得られやすくなります。1回あたりの量は普段より倍くらいまで増やしても構いません。1日2回飲んでいた方は3回に増やしましょう。1回あたりの量を多くするより、回数を増やして1日の総合量を増やすほうが効果的です。

 

 病気の治療と合わせて
既に病気をお持ちで治療を開始している場合は、回数を増やしていきます。かなり症状が重い場合では、1回あたりの量を最大50滴くらいまで増やしても大丈夫だといわれています。回数は4回以上に増やし、1日に摂る量を総合的に増やしていきましょう。

 

具体的な飲む量は自分が体調が良いと感じる程度まで増やしても構いません。飲んだからといって直ぐに元気になるものではないため、長期的に見ながら調節しましょう。

液体は美味しくないという方

プロポリスはあまり美味しいものではありません。
少し苦く樹脂のようなニオイで苦手な方も多いようです。ただし飲みなれてくると、直接スポイトを口に当てて飲み込めるようになる人もいます。口に垂らす場合では刺激があるため、水を少量口に含みその場所に数滴垂らすと飲みやすくなります。

 

主成分はミツバチの唾液、そして樹液です。これらが混ざり合ったもののため、お香のような植物の香りがします。この独特の香りは好みがはっきりと分かれるようですが、慣れてきて好きになる方もいるため続けてみると良いでしょう。最初はハチミツなどを加えた飲み物、100%ジュースなどに加えたほうが飲みやすくなります。

 

この苦味、香りがどうしても苦手という方は粉末タイプ、または粉末を固めたサプリなどを利用する方法があります。液体より多少吸収率が落ちますが、効果については変わりません。
飲み物に混ぜたい方・吸収率を良くしたい方は液体、飲みやすさや持ち運びの便利さを重視するならサプリです。

 

また、液体のプロポリスが余ってしまったら、市販のカプセルを購入し中に入れてから飲む方法もあります。飲みにくく余ってしまうようなら、上手く活用する方法も利用してみましょう。

 

 

関連リンク

プロポリスの効果について・・・プロポリスは昔から健康にいいとされ、ご年配から働き盛りの方まで幅広く愛飲している方も多いです
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ